振りむけばユパ様 ( ̄ロ ̄;)

え?ユパさまは45歳設定?マジか!歳、追い越しちゃってる〜!!!

【おかたづけ】キッチンの格納問題〜やかんの場合〜

先日、恥ずかしながらも恥ずかしげなく(どっち?)

我が家のキッチンの様子などを載せてみましたが。

よくよく見るといろいろ恥ずかしい。

自慢できるほどミニマリスト的キッチンじゃないし

かと言って皆様に見ていただくほどこだわりのあるキッチンでもない。

ステンレスの出窓がとってもブコツ感マンマンだし

その向こうにある窓もなんとかならないのか!と叫びだしたくなる酷さ。

 

ステンレスの出窓は熱い鍋をそのまま置けたり、使う調味料を一時的に並べたりと

便利この上なしなんですけどね。

汚れてもサッと一拭きでキレイになるし。

 

世の中の素敵キッチンの持ち主の皆様はどうやって維持してるのか

ホント激しくコツをお伺いしたい〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

さて、そんな洗練とは程遠い私のキッチンですが

確かにモノは外に出しておりません。

毎朝出勤前に掃除をするのに、いろいろ出てると邪魔だからね。

 

ここに行き着くまでには、私にもそれなりに試行錯誤がありました。

廃棄とパズルを繰り返し、使い勝手も検証して

その結果、そこそこのところまでは行くんですよ。

 

でも!

ど〜してもど〜してもどうにもならなかったもの。

それが「やかんの格納」でした。

 

やかんって丸みを帯びた、なかなかに独特なフォルムしてますよね。

私の実家でもやかんはコンロの上に出しっぱなしでした。

出しっぱなしでビジュアルが悪いのは私の母も耐えられないらしく

実家のやかんは真っ赤なホーローのもので、いつもピカピカに磨かれています。

 

でも、私は母のようにマメに磨くことなんでできない〜。

どこかにしまっておきたいのよ〜。

 

一時期は実家の真似して真っ赤なホーローのドリップケトルにしてみました。

ある時は素敵な形のケトルを買ってしばらく磨いてみたりしました。

ついにはキッチンからやかん追放したりしたこともあります。

 

でも、確かに湯を沸かす時にはやかんが一番いい気がするんです。

やかん追放時には雪平でお湯沸かしてましたが

お茶入れるときや、沸かした麦茶を冷茶ポットに注ぐときの

あの「こうじゃない」感ったら。

 

優雅にティータイム♡って時に

雪平からティーポットにざぁーっとお湯注ぐとか・・・興ざめ。

(おまけに粗忽者の私は必ずこぼすのです)

やっぱり私にはやかんが必要なの。

でも、これまでに無駄にしてきたやかんが3つもある〜。それも高いヤツ。

もう失敗は許されない・・・。

 

実は途中で電気ケトルの導入も考えたのですが

電気ケトルは早く沸くけどそこそこ電気食うし

出しっぱなしになるし、何より家電のコードが増えるのがイヤ。

(仕方ないんだけど、コードってなんであんなに邪魔なの!)

その時は電気ケトル案は却下となり、導入には至りませんでした。

(のちにダンナ氏の某マイルが貯まって、ラッセルホブスのケトルもらったけど)

 

やかんの格納を巡って、自分の中でかなり長いこと逡巡してました。

 

ある日、ダンナ氏とキャンプの準備をしていたときのこと。

我が家はキャンプギアについては

現役のキッチン周りの物以外は全てダンナ氏の管理下にあります。

なので、過去に使っていたけど今は使わなくなってしまったものも

ダンナ氏のテリトリーに格納されています。

(依然は勇退したキッチンギアも私が管理していましたが

   どんどん廃棄処分する私にダンナ氏がストップをかけたのです)

キャンプ道具を出し入れしている時に、倉庫の奥深くに懐かしいフォルム。

 

あっ!

パーコレーター!

f:id:walea_lani:20171012191850j:plain

昔、キャンプといえばパーコレーターでコーヒーが定番でしたが

パーコレーターって粉が結構コーヒーに混ざっちゃって

あんまり美味しくない(私の淹れ方が悪いのかも)

今はキャンプでのコーヒーはドリップにしているので

パーコレーターにはかなり早いうちにご勇退願ったのです。

 

多分、私が勇退ギアを管理してたらとっくに捨ててました・・・。

ダンナ氏、ファインプレーです!

 

倉庫の奥からパーコレーターを救出し、キレイに洗って

自宅用として復活させました。

 

これがね、円筒形で場所も取らないし高さもそんなにない。

沸かせるお湯は1リットルだけど、我が家の冷茶ポットも保温ポットも

ぜーんぶ1リットルサイズだし、2人暮らしだから十分だし。

パーコレーターやかん、サイコー!!!

 

難を言えば、

シングルバーナーに乗せても危なくないように底部が狭く作られているので

弱めの中火にかけなきゃならなくて、ちと時間がかかること。

でも、そんなの全然気にならないくらいマーベラス

今はキッチンの引き出しにきっちり収まってます。

 

これを自宅用やかんとして使い始めてから

鍋も実はキャンプ用でいいんじゃね?と思い始めています。

コンパクトにスタッキングできるし、モノによっては持ち手が外せるし。

キッチンにある鍋がダメになったら、キャンプ用クッカーを自宅用に下ろそう!

と、目論んでいるところです。

 

ただ・・・

意外と鍋ってダメにならないんですよね〜(-_-)

 

クッカーの出番が来るまで気長に待とうと思います。