振りむけばユパ様 ( ̄ロ ̄;)

え?ユパさまは45歳設定?マジか!歳、追い越しちゃってる〜!!!

【そとめし自慢】美味しいお店自慢したいのは山々なんですが

せっかくの週末だってのに

我が家の方では夜から明け方にかけてめっちゃ雨降りました。

金曜夜は、あまりの寒さについつい鍋やっちゃいましたよ。

まだ10月入ったばっかりだっていうのに!

 

まあ、週末でもこれと言ったステキ系の予定があったわけじゃないからいいけどさ。

フツーに帰宅して、フツーにご飯作って食べましたよ。

金曜日ごとに、ってか曜日関わらずステキな予定がいくつもあるって

それなんてリア充

(あ、なんか僻みっぽい)

 

でも、身体の芯から温まる、半年ぶりくらいの鍋は

とっても美味しゅうございました。

出汁の香りにしみじみできるなんて、私も歳を重ねたわぁ。

 

今日は本業のはずが何故か週末プチ起業化してる(全然儲からないのです)

自宅エステサロンの営業日でした。

 

儲からないと公言してる通り

一般的なエステテックサロンよりとてもお手頃価格で提供してます。

その代わり、かなりお客様を選ばせていただいてるので

接客業にありがちなストレスは全くありません。

すんごい殿様商売させていただいてます。

(逆にお客様にすごく気遣いさせてるかもしれない勢いです)

 

でも、心は疲れなくても、それなりに体力と話術は使うので

1日終わると魂が口から出てっちゃった感はあります。

その辺はサロン勤務だった頃の方が機会的に施術できてたからラクかな。

 

そんな私の土曜日のお楽しみは「そとごはん」

サロンオープンの土曜日は絶対にごはん作りません。

 

いつもは何を食べたいか考えるのも面倒なのですが

何故か今日は「なんか和っぽいものが食べたい〜!」気分。

 

お店の存在は知っていたのですが

入口がちょっと奥まったところにあるため、店内を伺うことのできない

「和食」と銘打った落ち着いたお店が家から徒歩3分くらいのところにあります。

今日は意を決してここに行ってやろうやないの!

 

でも、外観からするとちょっとお高そう。

我が家はなかなか寂れた街にあるのですが

近隣に会社や研究所が林立してるので、意外と接待族がいたりするのです。

接待御用達の高い店だったらどーしよー:(;゙゚'ω゚'):

 

私は思わず財布に3万円を足し、

とりあえずダンナ氏と一緒に踏み込んでみることにしました。

一食くらいにべらぼうに高くたって死ぬわけじゃないやい!

(どんな覚悟だ?)

 

入ってみると、お、なかなかいい感じに落ち着いてる。

私たち夫婦よりも少しだけ若い店主がお一人で仕切ってらっしゃる。

すっごい早い時間に行ったので、貸切じゃ♡

 

カウンターに通され、メニュー見たら。

え?安い!

これだけのお料理で!と思うくらい衝撃の安さでした。

 

日本酒も、利き酒師の店主が色々飲み比べて選んでるとのことで

どんどんメニューが入れ替わるそう。

つまり「なくなったらおしまい」方式。

日本酒は「お手頃価格なのに美味しい」を基準に選ばれてるそうです。

 

最近日本酒党になったダンナ氏は大喜び。

ちなみに私はこう見えて(見えてないけど)思いっきり下戸なのです。

飲んだら倒れるレベル。残念。

 

で、こんなの出していただきました。

f:id:walea_lani:20171008114529j:plain

豆喉黒の南蛮漬け

天ぷら 鮪と酒盗のいとこ和え

 

南蛮漬けが紅葉と銀杏で色の違うにんじんで彩られててかわいい♡

天ぷらも程よい衣がサクサクでステキ♡

酒盗がいいアクセントになってる鮪マーベラス

 

もうハートマーク飛ばしまくりの美味しい食卓でした。

 

店主と話が盛り上がりまくり、3時間半の長っ尻。

これ以外にも小技効いてるお料理がさくさく登場。

ダンナ氏はお酒がくぴくぴ進んで、顔には出ないけどすごい酔っ払い化。

 

もともと地元出身で、地域性を理解した上で

お通しは無し、あまり高すぎる価格設定も無し、チャージも無し

でやると決めたそうです。

お話の端々に、今までのすごい経歴が伺えましたが

こんな僻地(笑)で、ちょっと勿体無い感じも・・・。

 

でも!激しく応援します!

 

私は自分で自営業を始めてから、経営の難しさを知り

それからは地元の個人営業の良いお店は積極的に応援しようと

何か会合などがあるときには、個人経営のお店を予約したりしてます。

私自身、お客様に応援していただいてここまで来れたし

そのお心遣いがとっても嬉しかったから。

 

まあ、そんな小難しいことは抜きにして。

とにかくすごくいい店がすぐ近くにあって嬉しい〜。

ダンナ氏は既に常連になる気まんまんです。

 

惜しむらくは。

あまりにも我が家から近すぎて、身バレを防ぎたい保守的な私は

このお店の情報を何も載せられないことだな。